格安シム・楽天モバイルとdocomo(ドコモ)の料金を比較!夫婦二人だと年間7万円も安くなる!

楽天モバイル

我が家のスマホはdocomo(ドコモ)です。

妻と私、二人ともドコモのスマホを利用しています。

消費税が2019年10月から10%に上がるので、このタイミングで格安SIMを検討しています。

様々な格安シムがありますが、我が家では、楽天ショップで日用品などを購入することが多く、格安SIMは楽天モバイルで比較検討してみました。

その結果、1年間の利用の場合、約7万円の差で楽天モバイルが安いことがわかりました。

ということで、早速、楽天モバイルに乗り換えました。

それでは、料金比較について具体的に説明していきます。

 

楽天モバイルは、大手3社と同じ、MNOに(移動体通信事業者)に。

楽天モバイルは10月から、大手3社(docomo、KDDI、Softbank)と同じMNO(移動体通信事業者)になりました。

つまり、MVNOのようにインフラを借りるのではなく、自前で用意して自社回線としてサービスを開始しました。

格安SIM、格安携帯では、初めての参入となります。

これは、極めて異例のことで、大手3者は格安SIM・楽天モバイルの参入に戦々恐々としています。

 

我が家は、妻と私、二人docomo回線から楽天モバイルへMNP。

我が家では私と妻、docomoのスマートフォン1台ずつ使用しています。

もともと2人ともNTTドコモ回線だったのですが、5月に私のキャリアを楽天モバイルに変更しました。

今回、8月になり、妻の2年縛りがなくなったので、良い機会と楽天モバイルに移行しました。

 

docomoと楽天モバイルの通信費を比較。

 

docomoの月額料金

毎月のパケット使用量は大体5GBでしたので、ギガライトのステップ3に相当します。

2人分なので、最大で4980円×2=9960円/月です。

3GBまでなら3980円ですが、そこまで抑えるのはかなり厳しい現在の使用状況です。

常に使用量を気にしないといけないので、ストレスがたまりそうです。

 

楽天モバイルの月額料金

楽天モバイルの料金プランはデータ量に準じて、変わっていきます。

私と妻は6GB使用できるプランMを選びました。

 

楽天モバイルは、楽天会員、ダイヤモンド会員、長期割の特典で1980円に。

楽天モバイルは、通常3980円ですが、以下の特典を適用すると1回線あたり1980円になります。

楽天会員 :-500円 2年間

ダイヤモンド会員 : -500円 1年間

長期割 : -1000円 2年間

合計 : 1980円(-2000円)

これが2回線なので最安の1年目は、1980円×2回線=3960円/月になります。

 

docomoは5GBで1回線あたり4980円です。

4980円×2回線=9960円/月

 

1ヶ月あたり、

docomo(9960円)ー楽天モバイル(3960円)=6000円

1年間だと、

6000円×12ヶ月=72000円

 

このように、楽天モバイルとdocomoを比較した場合、1年目は72000円の差が出ます。

現在、夫婦でdocomoを利用している世帯は、この機会に楽天モバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です